2018/4/23 月曜日

「楢葉の風」の謂われ:4/18お披露目会より

Filed under: ならは — keiwa @ 10:00:53
これまで幾度かお伝えしてきた「楢葉の酒づくりプロジェクト」。
去る4月18日、同プロジェクトから生まれた日本酒「楢葉の風」完成お披露目会が楢葉町にて執り行われました。
そこで発起人である弊社執行役員の口から語られた、楢葉町発の酒づくりの謂われを紹介したいと思います。
「楢葉の風」を口にしたときの印象が、一味も二味も変わってくるかも知れません。


(more…)

2018/4/12 木曜日

楢葉発の日本酒「楢葉の風」完成

Filed under: お知らせ,ならは — keiwa @ 12:00:53

 

以前の記事で、楢葉町での「酒造り」についてのお知らせをさせていただきましたが、嬉しい続報があります。

このたび、その日本酒「楢葉の風」が完成いたしました。

 

 

楢葉町で育てた酒米を、会津美里町の酒蔵で仕込み醸造された日本酒です。

 

 

「楢葉の酒づくりプロジェクト」と銘打ったこの事業。

 

その背景には、楢葉町に生きる人々、楢葉町を愛する人々の、楢葉町への思いがありました。

 

 

「震災からの復興の為、急ピッチで進められた復旧工事と引き換えに、

 

がれきや大型土嚢が田畑に積み重ねられていった。

 

こうした環境に風評被害も生じた。

 

それでも、田んぼは米を作るべき場所と、

 

つの日か営農を再開するために管理し続けられてきた。

 

「楢葉の原風景を取り戻し、人々のコミュニティを再生したい」

 

地域の資源である米をつくり、

 

日本酒をつくることで再び循環の輪が広がりだすのではないか。

 

これを求めて楢葉を訪れ、お酒を酌み交わせば、

 

楢葉を語る機会が生まれる。」

 

 

(同プロジェクトの公式Facebookより抜粋)

 

 

プロジェクトの立ち上げに際しては、

弊社執行役員が発起人として参画させていただき、

日本酒づくりによる地域の復興、田畑の再生へ向けた試みとして提案。

 

町や町振興公社、商工会などからなる委員会が昨年10月に発足し、

初めて酒米づくりに挑戦された米農家さん、

実際の醸造を担う蔵元さん、

プロジェクトに賛同した方々の思いが、約半年を経て結実しました。

 

 

出来上がったのは純米大吟醸、

特別純米、

そしてそれぞれのうすにごり生酒の4種類。

 

 

4月9日に行われた試飲会では、松本幸英楢葉町長、

渡部英敏会津美里町長らが試飲し、

「やわらかい味わい」と評されました。

 

 

今後は楢葉町振興公社で扱うほか、コラッセ福島、

東京・日本橋ふくしま館「ミデッテ」などでも販売される予定です。

 

「楢葉町に良い風が吹くように」

との思いを込めて名付けられたこの日本酒が、

そのやわらかな味わいで、

多くの人の和を醸すことを心から願っています。

 

 

福島民報

日本酒「楢葉の風」完成 姉妹都市・美里で醸造し試飲会

 

福島民友新聞

日本酒「楢葉の風」完成 地元産米使用、復興の思い詰める

 

河北新報

楢葉復興美酒に託す 町産米を会津美里で醸造

 

楢葉の酒づくりプロジェクト 公式Facebook

https://www.facebook.com/narahanokaze/

(本稿内各写真出典)

 

HTML convert time: 0.437 sec. Powered by WordPress